何度か入庫していただいている、お得意様のトヨタ、ラウム。

車検で入庫しました。

DSCN173112kai

お客様曰く、「エンジンチェックランプが点灯している。あと、見てほしい部分がある」との事。

言われるがままボンネットを開けると、異様な光景が。配線の一部が剥き出しになり、綿のような物が飛び出ています。

DSCN1733kai

聞くと、畑の近くに普段止めてある為か、恐らくネズミかなにかの小動物がかじったのだろうとの事。

確かにカバーの部分を見ると、足跡のようなものが見受けられます。

DSCN1732kai

このままではいけないので、配線を修理しました。

やはり、その部分が関係していたようで、チェックランプも無事消すことができました。

その後エンジンオイルや、各種フィルター類、フロントディスクパッド等を交換して

問題なく車検を通しました。

こういったケースも稀にございますので、皆様も時折ボンネットの中を開いてご確認下さい。